カテゴリー別アーカイブ: がん

振動とがん細胞の考え方

がん細胞は、通常人間に存在する細胞の2倍ほど大きいと言われています。がん細胞を体の細胞を震わせて破裂させ死滅させることを昔から日本人は、知っていて、がんになったら玉川温泉(秋田県)に行き岩盤にがんの幹部を当て、振動で死滅させる治療を多くの人がしていますが、がんが消えたといわれるソマチットもカルシウム系の物質を飲用することで、がんが消えたとされるケースも多くで見られます。また、携帯AMラジオを胸のポケットに入れていたらがんが消えたと当時のソビエトで起こったことを切っ掛けにラジオ波とがんの関係の研究を進めて癌に効果があることが知られて、がん治療に波長を用いることになりました。その最先端が、重粒子放射線(最先端治療)治療と言えるでしょう。しかし、施設に100億円程度必要となるので、治療費用も安くはない。私のお勧めは、がん細胞に結び付けるカルシウム系マグネシウム系の元素の引用をお勧めします。体には、3兆の細胞があり、その細胞は、常に振動しているが、癌に結合する元素を見つければ、あとは、高温の温泉でも、効果があると思います。